背中にきびをやっつけろ!

普段は目立たない背中や胸元、二の腕のニキビ。
でも水着や浴衣・ウエディングドレスなど大胆に背中のあいたファッションだと、ボツボツしたニキビや肌のくすみやにきび跡が気になりますよね。

 

今から背中やデコルテのにきび対策、始めませんか?

 

背中にきびが気になるシーン

 

ふだんは洋服に隠れて目にする機会が少なく、ついつい背中のお手入れは後回しになってしまいますが、肌を露出する季節になるとそうも言っていられません。

 

夏になると水着などで背中を見せる機会も多くなりますし、汗をかくので背中にきびも悪化しがちな季節です。
また結婚式などの晴れの舞台で背中が大胆にあいたベアバックのドレスを着るシーンでは、特に背中や胸元のにきびやにきび跡が気になります。

 

けれども、顔のにきびなら気づきやすく早めにケアできますが背中にきびは目につきにくいので早期対処が出来にくく、かゆみやブツブツなどに気づいた時にはそれなりに慢性化していたり悪化しているケースも少なくなりません。

 

背中にきびの原因

 

背中にきびの原因は多くの大人にきびと同じで生活習慣や食生活の乱れによる自律神経の乱れがホルモンバランスの乱れや肌荒れにつながっているので、規則正しい生活習慣と食事を見直すことが必要です。

 

睡眠不足は多くの現代人が抱える悩みですが、背中にきびを解消するためには肌の新陳代謝が活発化する午後10時から午前2時に眠ることが有効です。
この時間帯に睡眠を取ることは疲労が取れやすくなり、むしろ睡眠時間が短くなってもこの時間帯の睡眠を確保できるなら有効です。

 

食事内容では脂質や糖分を摂りすぎると 肉を食べすぎずに野菜中心の食事でビタミンを多く摂れるように栄養のバランスを意識することも大切です。

 

軽い背中にきびなら生活を整えることで収まりますが、程度によっては専門のお手入れが必要だったり悪化した背中にきびは皮膚科の受診を考えることも大切になってきますので、自分の背中にきびの状況を正しく把握して適切なケアをしていくようにしましょう。