関連サイト紹介

当サイトの関連サイトを紹介します。

 

美乳になりたい

 

大きすぎても困るし小さいともっと困るし、バストの悩みは女性の永遠の悩みですよね。

 

単純なバストアップのお話ではなくて、バストの構造から年代別のバストケア、美バストに有効な運動やサプリなどあらゆる角度からバストを分析して弾力のある美バストを目指したサイトです。

 

貧乳の人も巨乳の人も、それなりのバストケアでより一層の美しいバストを目指しませんか?

 

女性の美へのこだわりと男性の目

 

古来より美容にこだわるのは女性の常ですが、そんな女性たちの行動を冷めた目で見ている男性も少なくないようです。

 

まぶたを二重にする程度のプチ整形も「病気でもないのに親からもらった身体にメスを入れる」と抵抗を示したり、過度なダイエットによる食事制限でデートのコースが制限されると嘆く男性もいます。

 

 

確かにドラキュラよろしく日光を忌み嫌って日傘だけでは足りずにアームカバーやサングラス、果てはムスリムのようにニカーブをかぶりそうな女性を見て呆れる気持ちも理解できますが、それでも隠したい!という気持ちも女性なら理解できるはずです。

 

でも、そんなに美にこだわっているのに肝心の男性に引かれたら意味ないじゃん?と思う男性は、まだまだ女性の心理を理解していません。

 

女性が美に拘るのは男性の目を引くためというのは動機の一部に過ぎず、それと同じくらい、もしくはそれ以上に「キレイになろうと努力している自分」が好きという自己愛が大きな理由になっています。

 

 

あえて極論を言えば「男なんてどうでもいい、綺麗な自分が何よりも好き」という女性も少なからず存在し、だからこそ結婚という目的を果たしてもなおエステやファッションなど自分自身に湯水のごとくお金を注ぎ込む(しかも夫が稼いだお金を!)女性がいるのです。

 

「もう結婚したんだし、化粧する必要ないでしょ?」という意見も「結婚したからって女を捨てるなんてサイテー」という意見も女同士の争いの種であり、また既婚者と独身者の育児休業取得に関する対立構図、既婚者同士でも子なしと子ありの対立や子ありの中でもベビーカー推進派と傍若無人なベビーカーに対しての否定派など、女の敵は女なのは世の常です。

 

男は所詮は部外者に過ぎないのかも知れません。